GTZが低くても関関同立に合格できる

2013/05/12 Sun (No.1077)

 ベネッセのスタディサポートでは、関西の私立大学のうち関関同立はGTZではAゾーン、産近甲龍はBゾーンとなっています。ところが資料を整理していると3年生4月のGTZがCゾーンやDゾーンでも関関同立に合格する生徒が多く見受けられます。

 公立高校の特徴として勉強に対してそれほどストイックに縛らないので、2年、3年と学年が進むにつれてGTZが下がる生徒がほとんどです。実際、2年の秋の時点では多くの生徒がほとんど勉強をしていません。3年の6月ごろになってようやく勉強にとりかかるのですが、その時点での学力は相当低いものです。しかし逆に考えると「伸びしろ」が大いにあるといえます。

 6月から一般入試まで9ヶ月、この間に現役生はぐんぐん伸びていきます。GTZがCやDでもあきらめずに、目標を定めて短期集中で精一杯勉強すれば、関関同立クラスにも十分合格することができます。この場合夏休みの勉強が勝負となります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示