高校3年生になった君たちへ

2013/04/13 Sat (No.1048)

 学校が始まって1週間がたちました。わたしの授業は3年生だけですが、授業のなかで進路の話をしてみても、みんなあまりよく知りません。たとえば関関同立・産近甲龍といってもどこをさすのか、おぼつかない生徒もいます。早い生徒の場合AO入試や指定校推薦入試で、もう9月には受験が始まります。まずどんな大学があるのは一般的な知識は必要です。

 誤解を恐れず述べれば、関西の私立大学で進学の目標となるのは次の18大学です。すなわち関関同立・産近甲龍の8大学、京女・同女・武庫女の3女子大、そして京外大・関外大・大経大・大工大・畿央大の専門大学、あと付け加えれば佛教大学と摂南大学。できれば関関同立・産近甲龍および3女子大までに進学してほしいと思います。

 とはいえ、どの大学に進学してもそれが自分にあった大学でなければ意味はありません。たとえ偏差値で大学を並べることができても、自分がそこで何をしたいのか、明確とまでは行かなくともある程度のビジョンを持っていないと入学してから目標を失います。大学は高校と違って、自分から大学にかかわっていかななければ、大学のほうから近づいてくれないのです。大学に入って急に目的意識を失って、授業にも出ずアルバイトに明け暮れる人がいます。何のために大学に入ったのか、大学に行く意味を考えてください。

 自分の勉強したい分野がまだ不明確な人は、どんな分野があり、どんな勉強ができるのか、『逆引き大学辞典』などで調べてみてください。『逆引き大学辞典』はおそらくみなさん全員に配布されるはずです。なければ進路指導室には必ずあります。そして自分の興味のある勉強ができるのはどの大学の何学部であるのかを調べ、これから6月までに梅田や難波、天王寺で行なわれる「合同進学説明会」に足を運んでください。いろいろな大学のブースで説明を聞いてください。そして興味のある大学があれば、すかさず見学に行く。そんなことを繰り返しているうちに自分が「行きたい大学」が見えてきます。

 どの大学に進学するかが決まっていなくても、最低3科目の勉強は続けておいてください。2科目で受験できる大学もありますが、選択の余地が狭まってきます。わたしが述べた目標とすべき大学に合格するためには、基本的に3科目必要です。どこまでの勉強が必要かといえば、センター試験の問題は標準的なレベルなので、まずはセンター試験の問題で7割とれることを目標にしましょう。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示