行きたい高校

2013/04/08 Mon (No.1043)

 「行きたい高校」に進学した場合は、よりポジティブな高校生活が送れるようです。日常生活が充実し、部活動や文化祭、体育祭に積極的に取り組み、高校生活で自分なりの目標を見つけて努力する生徒の割合が、「行きたい高校」に進学しなかった生徒より10ポイント以上高くなります。(出典 前掲調査結果)

 とはいえ、「行きたい高校」に行けなかった人もいるわけです。もちろん自分に自信をなくす必要は毛頭ありません。勝負は時の運です。気持ちの切り替えが大切です。自分が進学した高校を好きになってください。よい点をたくさん見つけてください。そしてその高校と積極的にかかわる接点を多く持ってください。たとえばクラブ活動やクラス活動に参加してその高校の中に自分の活動の場を見出してください。きっとあなたの気持ちも変わるはずです。そうすることによって、あなたにとって「行きたい高校」となることは請け合いです。
関連記事

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示