小学校教員の高齢化

2013/03/28 Thu (No.1032)

 高齢化は小学校教員の世界でも同じです。公立小学校教員の「人口ピラミッド」において、一番ピークとなるのが50歳代の部分です。(出典 「朝日新聞」 3月28日朝刊)

年齢構成

 ただし、20歳代の教員も増えていく傾向にあります。ちょうどいまが年代の移行期となります。今後10年の間に多くの教員が退職し新採用の教員に取って代わります。そのときまでにスキルの伝承が必要ですが、現在でも若い教師たちは熱心に取り組んでいます。

 朝日新聞社とベネッセとの共同調査では、公立中学校の保護者の「先生たちの教育熱心さ」への満足度が2004年度は61.6%、2008年度は66.0%、2012年度は71.9%と増加しています。
わたしの高校の若い先生も初めての場面で戸惑うことはあっても、熱心に教育に携わっておられます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示