国公立大学と私立大学のAO・推薦入試

2013/03/26 Tue (No.1030)

 国公立大学のAO入試は縮小傾向にあり、2013年度入試では、筑波大学、九州大学、兵庫県立大学、山口県立大学の一部および全部の学部でAO入試が行なわれませんでした。2014年度入試でも群馬大学、奈良女子大学、東京海洋大学、金沢大学、鳥取大学、広島大学、愛媛大学、大阪府立大学の学部においてセンター試験を課さないタイプのAO入試を廃止するところがあります。

 高校生の学力低下が著しくセンター試験によって学力を担保しないと、進学後授業についていけない学生が増えてきたためだと思われます。同じような理由からでしょう、公募制推薦入試においても、センター試験を課す国公立大学が増えてくる見込みです。

 その一方で早く受験生を集めたい人気のない私立大学では、ますますAO入試や公募制推薦入試の比重が高まっています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示