関西私立8大学の難易度

2010/10/02 Sat (No.103)

 昨日、ベネッセ主催の高校低学年指導研究会に参加してきました。そのなかの資料に大学入試の難易度の推移のグラフがありました。下のグラフをご覧ください。(出典 「VIEW21 特集号」Benesse)
私立大学難易度

 関西の高校生の目標とする私立大学は、関関同立と呼ばれる1位グループと産近甲龍と呼ばれる2位グループが中心です。1位グループでは、同志社のひとり勝ちと関学の凋落が見て取れます。2位グループでは、近大の躍進と京産大の凋落があげられます。近大は、ここ数年非常に難しくなってきたと感じています。今までなら、難なく合格していた生徒が合格できなくなりました。公募制性推薦入試で、関関同立レベルの生徒を吸収し、(関関同立には、公募制推薦がありません)、一般入試の枠は他大学より若干少ないため、一般入試でも優秀な生徒しか合格しなくなってきています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示