通信制単位制高校

2013/03/09 Sat (No.1013)

 全日制高校の多くは学年制をとっており、規定単位を修得しないと留年します。それに対して単位制高校というのは学年に縛られず、科目ごとに単位を修得していき、卒業に必要な単位数を修得したところで卒業となります。私立の通信制高校に単位制の学校は多いのですが、全日制公立高校にも単位制の学校があります。ただし大阪府では、全日制普通科単位制の公立高校にはその前身が進学校で人気のある高校が多く転学は難しい場合もあります。

 中退リスクがある場合、あるいは留年することが確実な場合に転学先にまず考えるのが通信制の高校です。全日制で学年制をとっている高校で留年した場合でも、たとえば通信制の単位制高校に転学すればそれまでに修得した単位と在籍期間が引き継がれます。したがって2年次に規定単位を修得できず留年の場合でも、転学先の単位制高校では、もとの高校で修得した2年までの単位数を認定してくれます。転学先で卒業に必要な単位まで修得できれば、トータル3年間で高校を卒業することが可能となります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示