入試問題の採点基準

2015/03/17 Tue (No.1468)

 今日からは入試問題の採点です。大阪府の公立高校の入試問題は、正解が一義に定まらない非常に採点しにくい問題です。今日の新聞紙上に問題とその解答が載っていますが、たとえば、国語であれば、「他の表現でも内容が同じであればよい」「部分点を与える」、英語であれば、「他の表現でも正しければよい」「部分点を与える」、英作文について、「内容が設問の趣旨にあっていること」「30語程度であること」「単語のつづり・語法などが適切であること」「全体としてまとまりのある文章であること」「部分点を与える」との注意事項があります。

 これらに準拠しながら、各高校で細かい採点基準を作っていくのですが、そのためには、複数の採点者が、まずすべての答案に目を通し、どのような答案があるか、どの場合にどの基準で部分点を与えるかを協議しなければなりません。どこまでの範囲で「内容が同じ」と考えるのか、どこまでを「趣旨にあっている」と判断するのか、採点者は絶えず悩まなければなりません。300人の受験者がいれば、300通りの解答があります。完全な正答や完全な誤答は簡単なのですが、グレーゾーンの解答の採点は非常にたいへんです。一つ一つについて、客観的で合理的な採点基準がなければなりません。そして、それをすべての採点者に引き継いでいきます。長い文章が解答となる問題の採点は、高度な精神力の集中と根気が必要となる重労働なのです。

 大阪府では毎年どうしてこのように採点ミスを起こしやすい問題を作るのでしょうか。大学入試センター試験は、択一式の問題ですが、理解力を客観的にはかることができるすぐれた問題です。どうしてこのような問題を作るこどできないのか。採点ミスを防ぐために、マークカード方式を導入することがなぜできないのか。

 すべての教員で、朝から晩まで作業してもまだまだ採点は終わりません。採点者にとっても受験者にとっても、気がかりな一週間の始まりです。
関連記事

大阪府立高校後期入試実施日

2015/03/16 Mon (No.1467)

 今日は大阪府立高校後期入試の実施日でした。週末はぐずついたお天気だったのですが、今日は、曇りがちながら、暖かい穏やかな一日です。

 午前7時過ぎから、高校に来ている受験生もいます。8時から体育館で受験についての注意と説明があり、そのあと受験会場に誘導します。実際の試験は9時から15時過ぎまでで、つづいて合格者登校についての連絡があります。また、今週は、入試の採点や点検・合否判定資料などの作成な重要な仕事がありますので、在校生の登校は禁止されています。

 合格発表は、3月23日午前10時。合格者は当日の午後、保護者同伴で登校することになります。今日は緊張したおももちで入試に臨んでいますが、合格発表の日には、ほころんだ顔を見られることを楽しみにしています。
関連記事

春の京都めぐりキャンパスツアー

2015/03/15 Sun (No.1466)

 昨日お知らせしましたが、3月22日には、多くの大学でオープンキャンパスが催されます。もしわたしが女生徒であったなら、3月22日の日曜日、春の京都めぐりのキャンパスツアーに出かけます。

 まず午前10時前、京阪本線の「深草」で下車して龍谷大学に向かいます。龍谷大学深草キャンパスには、社会学部をのぞく文系のほとんどの学部が集まっています。国際(文化)学部もこの4月から深草キャンパスに移転します。10時から15時までがオープンキャンパスの時間です。

 午前中、龍谷大学を見たあとは、同じく京阪本線で「七条」で下車して、徒歩で京都女子大学に向かいます。東山に向かって、たらたらと「女坂」を登っていきます。京都女子大学は、まじめな校風で、地方出身の学生も多い大学です。文学部・発達教育学部・現代社会学部・家政学部・法学部があります。女子大学で法学部を持っている大学は珍しいです。9時30分から16時までがオープンキャンパスの時間です。

 さて、お昼に京都女子大学を見学したあとは、同じく京阪本線で「出町柳」で下車します。出町から鴨川を渡って少し歩くと、同志社女子大学「今出川キャンパス」です。出町は賀茂川と高野川が合流する地点で、賀茂大橋のうえから北を望む風景は京都の中でもとくに美しいところです。同志社女子大学は、「今出川キャンパス」と「京田辺キャンパス」に分かれています。古くからあるのは「今出川キャンパス」で、キャンパスが狭いので、表象文化学部と生活科学部の2学部がここにおかれています。『八重の桜』の舞台となったのは、もちろんこの「今出川キャンパス」です。学生の数が少ないので、「京田辺キャンパス」ほどのあでやかさはありません。12時から16時までがオープンキャンパスの時間です。

 すぐとなりが同志社大学ですので、オープンキャンパスは行われていませんが、のぞいてみるのもいいでしょう。同志社大学からは地下鉄烏丸線で、四条烏丸や京都駅に出ることができます。あるいは、御所を通って京阪三条か四条河原町まで歩くのも面白いと思います。友だちとあるいはお母さんと、春の京都を歩いてみるのはいかがですか。
関連記事

春休みのオープンキャンパスに行こう

2015/03/14 Sat (No.1465)

 春休みが始まりました。新しく高校3年生となる生徒諸君にとって、春休みは絶好の大学見学の機会です。国公立大学のオープンキャンパスは夏に開催されることが多いのですが、私立大学では、夏休みはもちろん、この春休みにもオープンキャンパスを実施します。

 近畿の有名大学のオープンキャンパスの日程についてお知らせしましょう。関関同立では、同志社大学が3月28日、関西学院大学が3月21日、関西大学が3月28日です。立命館大学のアナウンスはまだないのですが、昨年の例から考えて4月26日だと思います。産近甲龍では、京都産業大学が3月29日、龍谷大学が3月22日、近畿大学が3月22日、甲南大学が4月26日です。

 女子生徒のために女子大学も紹介すると、京都女子大学が3月22日、同志社女子大学が3月22日、武庫川女子大学は土日であれば随時見学ができます。また、こぢんまりとした伝統校で、きれいなキャンパスをもつ神戸女学院大学は、3月21日にオープンキャンパスが実施されます。わたしの友人の配偶者が勤めているので、とくにあげておきましょう。

 オープンキャンパスのときに実施されるのは、大学紹介、キャンパスツアー、模擬授業、個別相談会などで、生徒だけではなく保護者も自由に参加できます。大学の雰囲気を知り、モチベーションを高めていくよい機会です。自分が目標とすべき少しレベルの高い大学を必ず複数校見学してきてください。春のオープンキャンパスに参加するのとしないのでは、勉強に対する意欲が違ってきます。
関連記事

受験会場の整備

2015/03/13 Fri (No.1464)

 今日は終業式が行われました。学年の終わりなので、進級できなかった生徒は出席できません。欠単位科目を持ち仮進級する生徒は、ホームルームの後、別室で追認指導についての説明を受けます。学年末テストが終わってから今日まで授業がないので、欠点科目もなく、無傷で事進級できた生徒たちは、お互いの近況報告に余念がありません。しかし、今日、生徒たちは長い時間、学校にとどまっていることはできません。

 月曜日には、後期入試が実施されるので、その準備が行われるからです。午後からはすべての生徒たちを下校させて、教員のあいだで、後期入試についての打ち合わせがあります。受験生に対する指示、黒板への板書、試験監督の方法など細かいマニュアルがあります。それぞれの受験教室でも、教室整備が行われます。机の配置を正し、落書きがあれば消し、採光や放送のチェックも行います。どの教室のどの席で受験しても、公平であるように配慮します。

 さて、来週はいよいよ大阪府立高校の後期入試です。いままで力を蓄えてきた受験生の諸君は、落ち着いて試験に臨んでください。
関連記事

コロコロ変わる大阪府立高校後期入試の日程

2015/03/12 Thu (No.1463)

 ここ数年、大阪府公立高校の入試制度は毎年のように変わっています。制度変更によって一番迷惑をこうむるのは、これから受験をむかえる中学生なのですが、教育委員会には、その辺のことはほとんど見えていないかのようです。

 試験の日程もよく変化します。後期入試に限ってみても、3年前までは決まって高校の終業式の後で実施されていました。昨年、一昨年は、終業式の前に実施されました。今年は、再び終業式の後での実施となります。

 高校の側からいえば、在校生の進級判定を行わなければならない終業式前の忙しい時期に、入試が行われるのは好ましくありません。進級できなかった生徒や単位を落として進級する生徒への十分な指導ができなくなるからです。ですから、今年の後期入試の日程は、好ましいものといえます。ただ、今年は、定員割れした高校が13校あり、それらの高校では、追加募集を後期入試合格発表ののち行わなければなりませんから、3月下旬の日程があわただしくなります。

 ところが、来年は後期入試の試験日が繰り上がり、終業式以前の3月10日となります。来年の入試制度についてはまた別の機会に触れようと思いますが、全日制普通科をはじめ実技テストのない学科での入試は、後期入試に一本化されます。多くの不合格者を出す前期入試が廃止され、後期入試に一本化されることは好ましいと思いますが、なぜ試験日を終業式以降にできないのでしょうか。毎年のように変わる試験制度に、中学校も高校も、そして中学生も振り回されています。


関連記事

2015年大阪府立高校後期入試志願者最終集計

2015/03/11 Wed (No.1462)

 大阪府立高校後期入試の出願が昨日締め切られ、最終集計が発表されています。(出典 「朝日新聞」 3月11日 朝刊)

後期最終

 全日制普通科の倍率は1.21倍で希望調査時の1.25倍を下回りました。公立高校受験をやめて、私立高校に進学するものだと思われます。2倍近い競争率となった高校がある一方で、定員に達しなかった高校が13校もあります。

 定員割れの高校は、昨年で7校、一昨年で4校でした。今年は、定員の5割にも届かなかった高校もあります。先日お話したように、公立高校の二極分化が進んでいるといえます。
関連記事


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示