卒業式

2014/02/21 Fri (No.1372)

 大阪府では、前期入試の事務と合格発表が終われば、3年生は卒業式を迎えます。わたしにとっては、定年で迎える思い出深い卒業生となります。今は入試事務のため、卒業生も在校生も登校していません。

 来週からは、1.2年生が登校し、そして週末には卒業式です。やはり高校は生徒たちでにぎやかなことが一番です。今は、前期入試で緊張が続きますが、卒業式には、生徒たちの晴れやかな顔を見ることを楽しみにしています。
関連記事

大阪府公立高校前期入試実施

2014/02/20 Thu (No.1371)

 今日、大阪府の公立高校では、前期入試がありました。昨年の前期入試より少倍率が下がったとはいえ、普通科の倍率は3倍を超えています。大学でもそうですが、倍率が3倍を超えると本当に実力のあるものは合格することができますが、ボーダーライン上の受験生の合否には運が大きく作用します。

 前期入試では、不合格者のほうが合格者より多いのですから、今日、自分の実力を出し切ることができなかったひとも落ち込むことなく、後期入試に向けて頑張ってください。
関連記事

第2回予約奨学生決定通知

2014/02/19 Wed (No.1370)

 日本学生支援機構から、第2回予約奨学生採用候補者決定通知発想の手配が整ったとの連絡がありました。とはいえ、わたしの高校にはまだ決定通知は届いていません。ご承知のように大阪府では明日は前期入試です。採点日を含めて今週いっぱい生徒は登校できません。

 学生支援機構からは、決定通知が届いたら、内容を確認して採用予定の生徒に必要書類を交付してほしいとあります。また「併用貸与の採用候補者が、一方の奨学金を辞退」する場合は、高校で集約したうえ、3月3日必着で学生支援機構にまで送付することとなっています。しかし、入試事務のため、3年生が登校してくるのは来週後半になります。おそらく「一方の奨学金辞退」の場合、時間的に支援機構の締め切りには間に合わないでしょう。

 ところで奨学金の貸与を受けるためには、大学等に進学後、インターネットによる進学届の提出が必要です。また「貸与月額」「入学時特別増額貸与奨学金」「保証制度」「利率の算定方法」などは、進学届を提出するときに変更することが可能です。
関連記事

2014年度大阪府立高校前期試験志願者最終集計

2014/02/18 Tue (No.1369)

 大阪府公立高校前期入試の最終出願状況です。(出典 「朝日新聞」 2月18日 朝刊)

最終1
最終2


 平均倍率は2.18倍で昨年よりわずかに下がりました。また普通科の平均倍率は3.44倍で、昨年の3.74倍より0.3ポイント減少しています。ただ今年から40名枠で募集を始めた夕陽丘高校普通科と東住吉高校普通科の倍率が、8.18倍と7.48倍という途方もない数字となっています。、
関連記事

高校前期入試と大学合格発表

2014/02/17 Mon (No.1368)

 高校入試についてです。雪の影響で14日に出願できなかった受験生と受験校に迷っている受験生が、今日高校に出願します。昨年までだと受験校に迷っている中学生だけの出願となるので、出願最終日の出願はわずかな数なのですが、今年は昨年より多いはずです。そのぶん中学校でも出願状況の把握が難しくなっていると思います。

 大阪府の公立高校の前期入試日は2月20日で、その前日の水曜日の午後から日曜日まで入試業務のため高校生は登校できません。しかし2月20日前後は、大学入試の合格発表と重なってきます。

 大学入試に失敗して、高校の担任や進路指導部の先生と、新たに受験大学を探さなければいけない生徒も出てきます。生徒の進路相談に乗りたくても、学校で資料を前にしてじっくりと話し合う機会を持つことができなくなっています。
関連記事

高校新卒者の求人・求職状況の推移

2014/02/16 Sun (No.1367)

 JSコーポレーションから、過去10年間の高校新卒者の求人・求職状況の推移が送られてきました。。(出典 「進路データVol. 530 」JSコーポレーション)

求人求職9月

 リーマンショックの影響で急激に悪化した就職状況が、徐々に回復してきているのがわかると思います。就職をあきらめてしまう生徒がまだいない、第1回就職試験が始まる9月時点での求人・求職状況ですので、信用度の高いデータです。

 リーマンブラザーズの破綻が2008年(平成20年)9月ですから、2008年9月時点では、高卒求人市場にはそれほど影響はでず、2009年に急激に求人数が減少します。
関連記事

2014年度大阪府立高校前期試験志願者中間集計

2014/02/15 Sat (No.1366)

昨日の大阪の公立高校前期入試の出願状況です。平均競争倍率は1.84倍で昨年同時期の2.12倍よりは下がっていますが、積雪の影響で昨日出願できなかった受験者がいるためと考えられます。(出典 「朝日新聞」2月15日朝刊)

前期>

 わたしの高校でも、いくつかの常連の中学からの出願がありませんでした。17日に出願されると思っています。
関連記事


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示