センター試験改革の背景

2013/10/24 Thu (No.1248)

 センター試験改革の背景にはどのような問題があるのでしょうか。現在の大学入試センター試験の試験問題は、高校教科書をよく吟味して、受験者の平均点が6割台前半になるように作られた優れた問題が多いと思います。とはいえ受験生の層が問題なのです。センター試験を受験するのは、大学でいうと、少なくとも産近甲龍レベル以上の受験生に限られてきます。また高校3年生の半数以上がセンター試験を受験するのは、大阪では学区で3番手から4番手の高校までです。ですからセンター試験は、今では、一般的高校生の学力を測定するには、課題が多いのです。

 大学全入の時代、多くの私立大学は、2教科ないし3教科で受験でき、問題レベルもセンター試験よりやさしくなっています。推薦入試だと1教科の事もあります。そのような大学の受験生には、現在の大学入試センター試験の問題は難しすぎます。そのため「基礎レベル」の問題が考えられたのだと思います。それぞれの大学で独自の入試問題を作成するのは、大変時間と労力のかかることです。難易度の低い私立大学では、推薦入試までで定員の多くを確保してしまうとはいえ、それでも学力を測ることは必要です。そのための基礎学力測定手段が必要になってきます。

 さらに述べれば、その根本的背景には、受験生の学力の二極分化、分けても高校偏差値50から55の中間層の受験勉強量の激減と中間層の没落が考えられると思います。

P.S. 今日、無事に病院から帰ってきました。
関連記事

除細動成功

2013/10/23 Wed (No.1247)

 入院に当たって、先週の土日に今週中の授業課題を仕上げ、進路の仕事の段取りをつけておきました。それでも授業ができないので生徒に迷惑がかかり、毎日送られてくる資料の整理ができないので、進路の先生に負担をかけることは必定です。そこで、毎日、進路指導の先生とはメールで連絡を取り合っています。生徒は、あるいは、授業がないので喜んでいるかもしれませんが。

 昨日、電気ショックによる除細動を受けました。その結果、現在、脈拍はもとに戻っています。効果が長続きしないこともあるそうですが、一安心です。担当医の話では明日退院となる予定です。みなさんにはご心配をおかけしました。

 台風が接近していますが、金曜日から高校に復帰して、日常の仕事をこなしたいと思います。来週には、学年の生徒向けに、パワーポイントを使って進路講演会を行う予定になっています。
関連記事

大学入試到達度テスト

2013/10/22 Tue (No.1246)

 今朝の時事通信の報道によると、「政府の教育再生実行会議が、新たに導入する方針の高校在学中の到達度テストを『基礎』と『発展』の2段階レベルとし、大学入試センター試験はこのうち発展レベルに衣替えする方向で入試改革の提言を検討していることが22日、分かった」とあります。また「下村博文文部科学相は同日の閣議後記者会見で、『高校段階における学習の到達度を把握し、高校の指導改善や大学入学選抜に活用する新たなテストとして、基礎レベルと発展レベルからなる到達度テストを導入する方向で現在調整している』」とのことです。(出典 時事通信 10月22日)

 産経新聞(WEB版 10月22日7時55分配信)によると、基礎レベルは「基礎的な科目から出題される。大学の一般入試には直接利用しないが、成績は推薦入試やアドミッション・オフィス(AO)入試で参考にしてもらい、一方、センター試験に替わる発展レベルのテストでは、結果を1点刻みの点数で示すのではなく、一定幅の段階評価とし、生徒は複数回受けることができるようにする。その上で、大学ごとの2次試験は面接や論文を重視するよう求めていく」とのことです。

 「基礎レベル」テストと「発展レベル」テストの対比をご覧ください。(出典 「読売新聞」10月22日)

学力テスト


 わたしは、このような入試改革が実現する可能性は、高くないとは思っていますが、こういう提言の背景にあるものについても考えてみたいと思います。

P.S. 昨日の入院の記事に関して、多くの方々から暖かい励ましのコメントをいただいています。どうもありがとうございます。本人はいたってピンピンしていますのでどうぞご心配なく。
関連記事

入院

2013/10/21 Mon (No.1243)

 今日から大学病院に入院することになりました。先週後半から脈拍が160あり、日を経ても下がりません。まだ確定的な診断はでていませんが、心房細動だと思います。5年前にも一度なったことがあり、そのときは電気ショックによる除細動で止めることができました。

 心房細動というのは、心房・心室とあるうちの心房が規則正しく収縮せず、不規則に震える状態になります。血液を全身に送り出すのは、心室の働きですので、心房細動が生命に影響を与えることはありません。とはいえ、心房で血栓ができることがあり、血栓をできにくくするために、抗凝固剤の服用が必要となります。
 
 今回もおそらく食道からエコーをとり、電気ショックによる除細動になるのだろうと思っています。現在、すでに病室の中で点滴をつけられている状態なのですが、幸いWiMaxで外部とつながりますので、あまり楽しい話題ではありませんが、なんとかブログを更新することができました。
関連記事

ASUSのS400CA

2013/10/20 Sun (No.1242)

 10月の初めに、ついにWindows8のノートパソコンを購入しました。ASUSのS400CA-CA3317というコンピュータです。価格コムをのぞいていても、ASUSのノートパソコンの値段は9月以来、上がり続けています。ASUSのCorei5のものを調べてみると、一番小さい11.6インチのディスプレイのもので、8月末には4万円台だったものが、現在では6万円台になっています。

 わたしが購入したのは、14インチのディスプレイのものです。楽天で5万円台後半でした。S400CAはONKYOのネットブックC423A4とは格段にスピードが違います。Windows8の起動も早く、快適に作動しています。Office2013も、いままでのOfficeと比較して非常に使いやすく感じています。
関連記事

センター試験確認はがき

2013/10/19 Sat (No.1241)

 大学入試センターによると、「センター試験確認はがき」の送付を開始したとのことです。11月1日までには到着することになります。わたしの高校にはまだ到着していませんが、現役生の場合、「確認はがき」は高校を通じて配布されることになります。下の確認はがきの表示例をご覧ください。(出典 「受験案内」 大学入試センター)

はがき

 名前や住所の一部がカタカナで記載されていても誤りではありません。また登録教科などを訂正する場合は、別紙「登録教科等訂正届」を使用します。「登録教科等訂正届」の提出は11月8日までとなっています。
関連記事

LINE中毒

2013/10/18 Fri (No.1240)

 高校生がスマホを使ってどのようなSNSを利用しているか調べてみると、2013年度はLINEが一番多くなっています。(出典 「高校生のWEB利用状況の実態把握調査 2013」リクルート)

目的
 
 そしてLINEの相手は、リアルでも交友関係のある相手が多く、メッセージが来れば返信するのが義務のように感じています。とくにLINEにはメッセージを見たとたん、相手に「既読」表示が伝わりますので、なおさら返信を催促されるように感じてしまいます。自分の置かれている状況とは関係なく、スマホを身近においていれば、いろいろな相手から次々とメッセージが入ってくるので、無限にメッセージの送受が繰り返されることになります。そうして「LINE疲れ」が残り、かけがえのない時間が奪われていくことになるのです。
関連記事


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示