民間人校長に続出する不祥事

2013/09/23 Mon (No.1215)

 橋下大阪市長が肝いりで始めた民間人校長に不祥事が続発しています。大阪市が今春採用した11人の民間出身の校長のうち6人に問題行為が発生しています。その内訳は、1.思い描いた職場と違うとして3ヶ月足らずで校長職をなげうった校長、2.保護者の尻を触るなどセクハラ行為で更迭された校長、3.市教委が行なったように見せかけてアンケートを行なった校長、4.「子どもをつくらないの」など女性職員に尋ねて謝罪した校長、5.全国学力調査の日など3回手続きをせずに外出した校長、6.校長室で教頭と口論になり教頭に土下座させた校長、となっています。(出典 朝日新聞 9月20日朝刊)

 ひどいと思いませんか。11人のうちの6人、民間人校長の過半数の校長が不祥事を起こしています。学校は、企業利益を追求するようなマネジメントの場ではありません。不登校の児童や生徒もいれば、問題行動を起こす児童や生徒もいます。東京都の担当者でも「教員経験のない状態で学校のトップに就くのだから、よほどの人材でないと務まらない」と述べています。(出典 朝日新聞 9月20日夕刊)。

 昨年4月1日時点で、全国でも民間人出身校長は89人。ここ数年は横ばい状態です。それでも橋下市長の大阪市は、2014年度には、69人の新規採用校長のうち、35人を民間人校長にする方針です。昨年度は11人の新採の民間人校長に928人が応募しました。それでもこの不祥事です。今年はこの35人枠に、たった143人が応募しているだけです。本当に大丈夫か、民間人校長。赴任した学校では教員経験もなく絶対的権力を持つわけです。教育のプロフェッショナルを校長にしなくても、本当に大丈夫ですか。
関連記事

南京町の中秋節

2013/09/22 Sun (No.1214)

 わたしの家の墓所は神戸にあります。今日、墓参の帰りに神戸の南京町に寄って来ました。3連休のなか日であり、しかも中秋の名月が19日であったため、今、南京町では中秋節が行なわれています。南京町に寄ったのが午後3時過ぎだったので、龍舞や獅子舞は見られませんでしたが、南京町広場では、太極拳が行なわれていました。

 広場の周りは、子どもたちを中心に、たいへんな賑わいです。わたしたちのお目当ては、老祥記の豚まんです。いわゆる小籠包です。墓参の帰りには、よくこれをお土産にします。個人的な感想かもしれませんが、昔は、車でないと持って帰れないくらいの匂いがあったのに、今はほとんど匂いません。味も時によって少しばらつきがあるように感じます。それでも、わたしにとっては、大阪の蓬莱の豚まんよりは好みです。

 中秋節なので、本当は月餅を買うべきだったのかもしれません。
関連記事

電車の運転手と色覚

2013/09/21 Sat (No.1213)

 高校生の就職で、いつでも変わらず人気のあるのが、鉄道業界です。子どものころ「電車の運転手」になりたいと思った人も多いと思います。

 9月19日の朝日新聞朝刊に「色覚異常の子どもの2人に1人が異常に気づかぬまま、進学・就職時期を迎え、6人に1人が、進路の断念などのトラブルを経験していることが、日本眼科医会の調査で分かった。」という記事が載っています。「生まれつきの色覚異常は男性の20人に1人、女性の500人に1人の割合で見られる」とのことです。

 ところが、「電車の運転手」となるためには、色覚が正常でなければなりません。鉄道業界では適性検査に「色覚検査」が含まれます。「視力」や「聴力」などは高校の健康診断で測定しているのですが、「色覚」は学校では検査を行なわないので、就職試験のときまで異常に気づかない場合もあります。「色」はかなり文化的な概念で、人によって見え方が異なっていても、それに対応する言語を介することによって、脳で補正され、見え方の違いを意識することなく、ほとんど不自由なく生活することができます。

 「鉄道業界」や「航空業界」に就職を考えている人は、早い機会に「色覚検査」を受けておいたほうがいいように思います。
関連記事

就職内定第1号

2013/09/20 Fri (No.1212)

 生徒が受験していた企業から就職の内定通知をいただきました。毎年、指定校求人をくださる大手の一流企業です。就職試験からわずか数日、はやばやと内定をいただきました。さすがだと思います。いつも企業の人事の担当者の対応もすばやく丁寧です。

 わたしの高校の卒業生の従業員にも目をかけていただいています。指定校求人ならではの企業と高校のつながりです。就職希望の生徒が少ないなかで、なんとか毎年受験者をつないでいます。

 できるだけ早く試験を行い、速やかに結果を知らせていただく、高校の就職担当者や受験生にとって一番大切なことです。小さなことにも企業のモラルが透けて見えます。
関連記事

就職用受験報告書

2013/09/19 Thu (No.1211)

 AO入試や推薦入試を受験する生徒には、受験報告書を書いてもらっていますが、当然、就職する生徒にも受験報告書を書いてもらいます。就職用の受験報告書は、進学用よりもっと具体的に記述するようにしてあります。

 学科試験で出題された内容、適性検査での検査項目、面接の形態、面接で聞かれたことがらなど、できる限り詳しく記述してもらいます。WEB求人に応募した企業で、後輩が受けることはないだろうと思う企業でも、きちんと書いてもらっています。受験報告書を正確に仕上げることも、社会に出て行くうえで必要な能力だと考えています。

関連記事

就職試験の日程

2013/09/18 Wed (No.1210)

 高卒の就職試験は16日から始まっています。今週中に試験があるところが多いでしょうが、なかには10月になって試験をする事業所もあります。とくにWEB求人の企業では、応募者が集まるのを待って、おもむろに試験を行なうところもあります。

 試験日の遅い早い、発表日の遅い早いは、事業所にとってはそれほど大きな問題ではないかもしれませんが、受験する高校生にとっては重大な意味を持ちます。発表日が早い場合だと、不合格になっても、すぐ次の求人を探し、学校からハローワークと事業所と連絡を取って、職場見学・受験という流れを作ることができます。高校生は一人一社ずつしか受験できないので、最初の受験企業の発表日が遅いと、不合格の場合に、次の企業を探すのが遅れます。その間につぎに希望する事業所の2次募集が行なわれているかもしれません。

 高卒採用に携わる事業所の担当者の方にお願いします。採用試験は、できるだけ早く、少なくとも試験解禁日の週のうちに、そして発表は試験から1週間から10日までの間に行なっていただくと生徒たちも安心することだと思います。
関連記事

高校卒業者の就職率の推移

2013/09/17 Tue (No.1209)

 JSコーポレーションから、過去15年間の高卒就職率の推移が送られてきましたので、お知らせします。(出典 「高校卒業者の就職率」進路データ vol.512 JSコーポレーション)

高校就職率

 リーマンショックのときに落ち込んだ就職率もだんだん回復してきているのがお分かりになると思います。今年10月の内定率は、昨年よりも上回っていると予測しています。
 
関連記事


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示