中間テストの採点

2013/05/24 Fri (No.1090)

 中間テストが終わりました。テスト期間中は授業がないので、テストが作成できていれば少しは余裕があるのですが、これからはいよいよ授業が始まります。授業準備もしなければなりません。それどころかまだ採点もできてないのです。

 進路の仕事は結構好きなのですが、採点や授業準備は、本当のところは一番大切なことなのでしょうが、苦手な作業です。とはいえ今日は週末です。明日には授業もありません。「明日のことは明日自身が思いわずらうであろう」ともいうではありませんか。
関連記事

県庁おもてなし課

2013/05/23 Thu (No.1089)

 中間テスト中なので今日は午後から休みをとり、久しぶりに家内と映画を見てきました。はじめは「船を編む」を考えていたのですが、上映期間が終了しており、「県庁おもてなし課」を見てきました。家内と一緒だと1人1000円で見られるチケットです。

 深みはそれほどなかったですが、おもしろかったです。
関連記事

学校の設立者別割合

2013/05/22 Wed (No.1088)

 JSコーポレーションから、大学・短大・専門学校・小・中・高校および幼稚園の設立者別割合のグラフが送られてきました。小・中・高校は公立の割合が高いですが、大学では国立の割合が1割強あります。(出典 「国立、公立、私立の学校数と割合」進路データ vol.501 JSコーポレーション)

公立
関連記事

「専門学校」という名称

2013/05/21 Tue (No.1087)

 「専門学校」の名称を使用できるのは、専修学校の専門課程だけですが、各種学校や無認可校のなかには、「専門学院」や「カレッジ」「スクール」の名称を使用しているところもあります。またそれとは逆に、専修学校専門課程にあたる学校でも「カレッジ」「学院」などの名称を使用しているところもあります。名称によってどの学校に該当するのかを見分けることはできないので、学校案内やホームページなどで実態を確認することが必要です。

 各種学校や無認可校は法律や学校間での申し合わせ事項に拘束されないので、多額の宣伝費をかけて4月から学生獲得運動に邁進しています。早く手続きしないと「定員」になってしまうとして、4月早々から「講習費」や「入学金」を払い込ませたり、メールアドレスを聞き出して、しょっちゅうメールを送ってくる、雑誌やインターネットでは有名な学校もあります。無認可校のなかには、法律に縛られずに本当のスキルを伝授したいためにあえて無認可にしている、という宣伝文句を使っている学校もありますので注意してください。
関連記事

専門学校と各種学校

2013/05/20 Mon (No.1085)

 専門学校と各種学校の違いをご存知ですか。法律的にいうと専門学校とは専修学校の専門課程に該当し、1年以上の修業年限をもち年間授業時間が800時間以上必要で、学校教育法124条に基づいて設置される学校です。

 それに対して各種学校は年間授業時数や専任教員に対する規制も緩やかで、学校教育法134条に基づいて設立される学校です。それ以外にも専門学校や各種学校の認可を得ず営利団体である株式会社や有限会社が運営する無認可校が存在します。

専門学校003
関連記事

スナップエンドウのパスタ

2013/05/19 Sun (No.1084)

 スナップエンドウが採れるようになったので、昼食にシンプルにハムとスナップエンドウのオイルパスタを作りました。収穫したてのエンドウはとても甘く、スーパーで買うものとは比較になりません。

 たいていの土日の昼食はわたしが作ります。子どもがまだ家にいる頃は、子どもたちがクリーム系のスパゲティが好きだったので、カルボナーラをよく作っていました。3人の子どもたちも1人ずつ家を出て、とうとう家内と二人になってしまった今では、700g近くののパスタをゆでていた頃が懐かしく思います。


関連記事

もう一つの試験問題

2013/05/18 Sat (No.1083)

 ひとつの試験問題は木曜日にできあがりましたが、あとひとつ試験問題をつくらなければなりません。今日も学校でない知恵をひねっているのですが、どうも完成は試験日直前になりそうです。

 かつては、試験の期間、生徒は勉強しなければいけないにしても、教師にはもっと余裕がありました。午後から休暇を取って美術館に出かけたことも多かったです。でも今では、試験期間中をねらって会議が入ったり懇談会があったりするので、魂の休息が非常に難しくなっています。
関連記事


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示