府立高校の卒業式

2012/02/29 Wed (No.632)

 大阪府の多くの高校で卒業式が行われています。わたしの学校でも先日卒業式がありました。寒い一日でしたが、この10年ほどは体育館に大きなストーブを搬入して暖房するので、昔の卒業式のように震えながら式が終わるのを待っているということはありません。

 式進行は教師が行うにしても、式歌や校歌などは吹奏楽部やフォークソング部が演奏します。音響は放送部の担当です。生徒たちが卒業式にかかわることができるのはすばらしいことだと思います。いつもそうなのですが、卒業生退場の場面ではそれぞれのクラスの担任の先生へのサプライズが待ち受けています。感謝の言葉であったり、花束のアーチであったり、ときには胴上げであったりします。担任の先生の中には涙を浮かべている人もいます。クラッカーなど音やごみをまき散らすものを使わないのはさすがです。

 わたしたちは、毎年生徒たちと出会い、そして別れていきます。今年の卒業生を教えたのは3年次の1年間だけでしたが、多くの生徒と進路指導を通じてかかわり、何度も面接練習をしてきました。卒業生も4月からは新しい生活が待っています。すばらしい人生の門出となることを願っています。
関連記事

3月になって出願できる関東の大学

2012/02/28 Tue (No.631)

 あさってから3月です。2月中旬からでも出願できる関西の大学を以前に紹介しましたので、今日は関東の大学で3月になって出願できるところを紹介したいと思います。まだ受験できる大学はありますので、最後までがんばってください。(出典 咲かせよ受験生 全国学校案内資料管理事務センター)

3月出願関東1
関連記事

E-MobleとWiMax

2012/02/27 Mon (No.630)

 自宅では基本的に光ファイバーを使用していますが、移動用にはE-Mobileでノートパソコンに接続していることはお話したと思います。E-Mobileは、電波を使用してアクセスポイントに接続するシステムです。E-Mobileはカバーエリアが広いのですが、古い機種ではスピードがそれほど速くなく、わたしの使っている通信端末は7.2Mbpsが下りの最大スピードです。また使用料金として月4700円支払っています。24ヶ月契約の終わりが近づいてきたので、新しい通信端末を考えるようになりました。

 ネットで調べてみると、E-Mobileより、WiMaxの方が便利なようです。スピードも40Mbpsと速く、料金も3800円台です。またWi-Fi機器とも接続できます。ただカバーエリアがE-Mobileより狭いのが難点です。

 しかし、現在UQWiMaxではTryWiMaxといって、通信端末を無料で貸し出し、WiMaxが接続できる地域かどうかを見極めることのできる制度があります。わたしも、さっそく申し込んでみました。翌々日にはUD01SSというUSB端末が届き、E-Mobileと比較することができました。

 結論からいうと、WiMaxの方がすこしスピードが速いです。とはいっても、自宅は地形的に電波の届きにくいところですので、E-Mobileで2Mbps、WiMaxで3Mbpsくらいのところです。どうも自宅はWiMaxのスピードを活かせる場所ではないようです。それでもWiMaxでも途切れることなく通信できました。

 もうしばらく、TryWiMaxを試用できますので、その間に結論を出すことにしましょう。
関連記事

月10万アクセス突破

2012/02/26 Sun (No.629)

 今月初めて月10万アクセスを突破しました。昨年の9月からずっと月あたり4万9千台のアクセスが続き、いつかは5万アクセスを超えるだろうとは思っていたのですが、1月には8万4千アクセス、そして2月は現時点で10万アクセスを突破しています。
 
 たくさんアクセスがあるからといって、別にすぐれたサイトであるとはかぎらないのですが、多くの皆さんがご覧になっているかと思うと、身の引き締まる思いです。地域的には大阪府の方が多いのですが、アクセス解析には、全国からのアクセスが記録されています。

 書くべきテーマがとぼしく、お茶を濁していることも多いブログですが、どうぞ今後ともよろしくお付き合いお願いいたします。
関連記事

都道府県別センター試験志願者数

2012/02/25 Sat (No.628)

 今日から国公立大学の2次試験が実施されています。受験生の皆さんは、いままで長い期間にわたり蓄積してきた実力を遺憾なく発揮してほしいと思います。

 JSコーポーレーションから、センター試験の都道府県別現役志願者数の一覧が送られてきましたので、紹介したいと思います。数年間のびつづけていた志願者数も、今年は減少に転じました。(出典 「都道府県別 センター入試の現役志願者数」進路データ Vol.448 JSコーポレーション)

センター受験者
関連記事

2012年度大学入試状況

2012/02/24 Fri (No.627)

 2012年度入試の国公立大学志願者数は494813人で、昨年より9380人減少しました。センター試験の志願者の減少が4018人だったので、昨年と比べてより多くの受験生が国公立大学の出願をしなかったことになります。

 一般的にセンター試験の平均点が上昇した年は、受験生が強気になって国公立大学の出願者は増加する傾向にあります。しかし、今年は平均点アップにもかかわらず国公立大学の志願者減となっています。出願をしなかった受験生の多くは、国公立大学に合格する実力が不足している層だと思われますが、こんなところにも冒険をさける安全志向が見られるようです。めだったのは、国立大学後期日程や公立大学の出願者の減少です。

 とはいえ、難関国公立大学は安定した人気を続けています。準難関国立大学での志願者が減少し、その層がそれよりも比較的合格しやすい地方国立大学に流れています。

 私立大学では、早慶上智では定員増の上智大以外は志願者が減少し、MARCHでも全体として8000人程度志願者が減少しています。関西でも関関同立全体で1万人ほど志願者が減少しています。また産近甲龍でも龍谷大をのぞいて志願者減になりそうな状況です。

 原因としては、上位校にチャレンジしない安全志向とともに、受験料を節約するために受験回数を減らしていることがあげられます。しかし、わたしの高校での受験結果を見ていると同一校をいろいろな方式で5回受験して、そのうちの1回で合格しているという例もあるので、本当に志望する大学があるのなら、あきらめないことが大切です。
関連記事

大阪府立高校前期入試実施

2012/02/23 Thu (No.626)

 今日、大阪府立高校の前期入試が実施されました。朝から雨が降っていたので受験生はたいへんだったことでしょう。前期入試と後期入試の両方を実施する高校はたいへん忙しい時期を迎えています。前期入試の採点、前期入試合格発表、卒業式、1.2年生学年末試験、採点、後期入試受付、終業式、後期入試、採点、後期入試合格発表、合格者登校、新年度準備と2月から3月末まではあわただしくすぎていきます。

 後期入試に関しては、3月7日から3月9日が受付期間で、3月16日が入試当日、3月23日が合格発表です。合格発表あと、別の日に合格者登校があります。公立高校を志望している人は、たとえ前期入試で失敗しても、気持ちを切り替えて後期入試での合格をめざしてください。
関連記事


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示