高卒求人の減少

2011/07/31 Sun (No.414)

 2012年3月卒業の高校生の求人状況はどうなっているのでしょうか。ハローワークへの求人申込みは6月20日がその開始日です。6月20日から6月24日までの申込み状況が、7月初めに、厚生労働省より発表されています。(出典 「平成24 年3月卒業予定者に係る求人の状況について」厚生労働省2011年7月8日発表)

 それによると、5日間の求人数は、4万346人で前年同期を9%下回り、被災3県についてみると、宮城県で28.1%、福島県で41.1%求人数が減少していますが、逆に岩手県では、労働局や自治体の努力の結果20.6%の増加となっています。関東地方でもすべての都県で前年同期を下回り、群馬県で29.7%、栃木県で27.9%、東京都で23.7%の減少となっています。震災の影響が見て取れるように思います。

 関西でも、滋賀県をのぞく府県で求人数は減少しており、和歌山県で21.7%、大阪府で15.1%減少しています。ただし、この求人数は6月20日から6月24日までのハローワークへの求人申込数なので、現在の実際の求人はこの数字よりは多いです。

2012求人
関連記事

専門学校のAO入試

2011/07/30 Sat (No.411)

 専門学校のAO入試のエントリーは6月1日から始まっています。わたしの学校でも、医療系の専門学校を中心に、何人かの生徒がエントリーし、仮合格をもらっています。専門学校の入試では、基本的に不合格となることはなく、AOで決めてしまう必要はありません。しかし施設の関係で絶対的な定員があるところがあり、募集定員をオーバーすると、募集打ち切りになってしまう専門学校があります。そんな学校でもAOだけで満杯になることはなく、何度かの推薦入試のあとで11月下旬か12月になって初めて定員を充足しているようです。
 
 最近では、歯科衛生士の専門学校、製菓の専門学校で募集打ち切りになる学校がありました。専門学校にも、はやりすたりがあり、かつてカリスマ美容師がはやった頃は美容専門学校で早々と募集を打ち切ったところもありました。現在では、多くの美容専門学校が新設され、生徒を奪い合う状態となり、そんなことはなくなりました。ふるくは、自動車整備の学校が満杯になったこともありました。
 
 絶対進学すると決めている専門学校があるのなら、AOでも指定校でも公募制推薦でも一番確実で安い方法で進学するのがいいと思います。専門学校のなかには、受験方法によって入学金や授業料を減免してくれるところがあります。またたとえAOや指定校で合格した学生でも、のちにテストを受験し、その結果によって授業料を減免してくれる専門学校もあります。
関連記事

就職用調査書記載見本

2011/07/29 Fri (No.412)

 もしわたしが、就職用調査書を書くとした場合の記載例をあげます。採用にあたって身長や体重など無関係だと思うのですが、就職用調査書には、身体状況の記載欄が残っています。眼鏡等を使用していない者については、裸眼視力を(  )の左側に記入します。また、眼鏡等を使用している者については、矯正視力を(  )内に記入し、裸眼視力には横線を引きます。聴力に異常がない場合は斜線を記入します。

 本人の長所・推薦事由の欄には、生徒の特技など個性を多面的にとらえて、本人が優れていると思われることを書きます。当然のことですが、短所を書く必要はありません。

就職調査書
関連記事

応募前職場見学の実際

2011/07/28 Thu (No.410)

 多くの高校で応募前職場見学が行われているころかと思います。地域によって、応募前職場見学のスタイルにも違いが見られるようです。大阪では、職場見学に参加する生徒の氏名は公表しません。電話でアポをとり、担当者あてに日時、付き添い教諭、参加生徒人数を記した依頼文を送ります。職場見学まで、時間的余裕がないことが多いのでFAXで送信します。

 当日は、生徒から担当者への質問はできますが、担当者から生徒への質問はできないことになっています。とはいえ、生徒の印象が悪くなる場合もあるので、わたしは、差し支えのない質問で、質問に答えたいと思うのなら、答えてもいいよとは言ってあります。

 あらかじめ、応募前職場見学が選考につながらないように依頼するのですが、当然担当者にとっては最初の面接に等しいものです。そのときの第一印象が採用の可否に影響を与えないはずがありません。ですから、正しい服装、高校生らしい態度、明るく積極的な姿勢など応募前職場見学の前に仕上げておかなければいけないことも多くあります。

 職場見学が終わると、礼状を担当者あて送ることになっています。

P.S. 生徒についての情報は採用試験まで明らかにしませんので、この礼状は、担当教師が送ることになります。

関連記事

募集停止になる短大

2011/07/27 Wed (No.409)

 昨日のブログで大学の改組・新設をお話ししました。毎年のように学部名が変更になり、学科が改組されると高校の進路指導部にとっては、フォローが大変難しくなります。大学としては、中身を変え学生を募集しようとしているのでしょうが、他大学に追随し、生徒の流行に迎合するような風潮も一部に見うけられます。何年にもわたる合格実績の追跡調査をおこなおうと思っても、学部名や学科名がかわるとデータを蓄積することができません。頻繁に名称が変更される大学には、倍率が低いところも多くそれほどデータが必要ないところもありますが。

 ところで、短大では、改組するところもありますが、募集停止になるところもあります。昨年は京都女子大学短期大学部が募集停止になりました。今年は、大阪大谷大学短期大学部と大阪樟蔭女子大学短期大学部が募集停止となります。
関連記事


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示