高卒就職内定率は改善したか

2011/05/31 Tue (No.351)

 5月24日に厚生労働省から「平成22年度『高校・中学新卒者の就職内定状況等』取りまとめ」が「高校新卒者就職内定率は95%超、平成23年3月末現在」との副題で発表されています。

就職内定率

 わたし自身は、昨年とくらべて今年の高卒の就職状況が好転したとは思いませんが、昨年より少し就職が楽になったかなと述べる高校の先生もいます。上のグラフでは、求人倍率が下がったにもかかわらず、就職率は昨年よりすこしよくなっているように見えます。
関連記事

体育祭応援団の早朝練習

2011/05/30 Mon (No.350)

 中間テストが終わって、学校はまたにぎやかになりました。わたしはいつも7時過ぎには登校しているのですが、今日は多くの生徒に出会います。体育祭応援団の早朝練習が始まったのです。天気だと中庭で活動するのですが、今日は雨なので渡り廊下を使っての練習です。朝のHRが始まる8時30分まで、ラジカセや太鼓と団長の大声での指示で大変にぎやかでした。しかし、8時30分には全員が制服に着替えて、遅刻することなくHRに参加しているのはさすがです。

 これから体育祭まで、朝も、昼休みもそして放課後もずっと練習が続きます。でもこれが、高校生活を謳歌しているということでしょう。
関連記事

中間テストが終わって

2011/05/29 Sun (No.348)

 中間テストが終わりました。皆さんのところでも、中間テストの答案が返却されていることだと思います。友達と点数を競い合っている生徒もいます。定期テストでも実力テストでも、模擬テストでも、どんなテストでも、点数も大切ですが、受験した後のフォローのほうがもっと大切です。

 中間テストで間違っていたところを、答え合わせするだけでは十分ではありません。生徒の中には答え合わせだけしてそれで終わりの人が多く見られます。授業では、解説をする暇はありませんので、自分でもう一度問題と見比べて、次からは間違えないようにしてください。そのたびごとに、見直して確認しておくと、知らないうちに実力がついていきます。苦手科目でも後回しにせずに、そのたびに少しずつわかるようにしていく。

 受験には難問はほとんど出ません。難問を解いたものが合格するのではなくて、基本的問題を見落とさなかったものが合格するのです。学校の授業を大切にして、確実な知識を身につけていってください。

関連記事

指定校推薦に思うこと

2011/05/28 Sat (No.347)

 わたしは、指定校推薦の制度そのものを否定するつもりはありません。範囲の定められた定期テストでは好成績を収め、授業態度もまじめな生徒のなかにも、一般入試で合格するだけの実力がない生徒がいるからです。また夏休みに思うような成果が挙げられなくて、自信を喪失している場合もあります。

 保護者の中にも、子どもに指定校推薦を勧めるひともいます。生徒の精神的負担が軽減されるのみならず、9月には進学先が決定するため、その後の受験料、塾・予備校の負担がなく経済的にも助かるからです。

 第一希望の学校が指定校であれば、指定校推薦も有用な選択肢だと思います。第二希望の学校であれば、少し考えてほしいと思います。指定校推薦に推薦される生徒は、多くの場合、一般入試でも合格する実力を持っています。こつこつ勉強できるのですから、夏の時点で実力がなくても、冬までには実力がついてきます。

 若いときは、挑戦すればよいと思います。大人のように妥協するべきではないと思います。「高3のときはがんばった」という経験は、将来困難にぶつかった時の自分の自信となります。高い目標を持った者だけが、高い目標に到達できるのであって、目標を低くすれば、低い目標にしか到達できません。
関連記事

山のような指定校推薦

2011/05/27 Fri (No.346)

 大学や短大の指定校推薦の依頼が少しずつ集まり始めています。しかし、それより山のようにくるのが、専門学校の指定校推薦です。専門学校はたとえ一般入試でも、願書を出しさえすれば合格するので、指定校推薦の合否上の実質的価値はありません。しかし、入学金を免除するとか、授業料割引とか書いてあるとそのままゴミ箱へ直行という訳にはいきません。表書きに「指定校推薦」とか書いてあると、一応はとっておきます。何も書いていないものだと、中身を確認して「指定校推薦」の場合はとりおきます。

 指定校推薦だけでもう段ボールいっぱいになっています。まず希望者がいないのがわかっていながら、「万一」希望者がいたら困ると思って取り置く、この報われない確認と選別の作業のために多くの時間が犠牲になります。
関連記事


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示