日本の英語教育

2010/10/24 Sun (No.125)

 10月20日の朝日新聞朝刊に日本の英語教育について、鳥飼久美子のコメントが載っていました。鳥飼久美子といえば、わたしが学生のころ同時通訳の第一人者でした。

 わたしは、英語の教師ではありませんが、生徒たちが使っている英語の教科書をのぞいてみると、わたしが高校生であった頃と比べて、表現は平易で内容も生徒が興味をもてるものになっています。授業も、読解だけでなくオーラルコミュニケーションをとりいれた会話中心のものに移行しつつあります。

 学校で近々スピーチコンテストがあるので、スピーチの練習をしている生徒がおり、ちかくで聞いていると、わたしには、ネーティブがしゃべっているようにしか聞こえません。lとrの違いすらわからないわたしにとって、とてもかっこよくうらやましく思います。またその横では、英語の先生が発音のアドバイスをしています。
 
 しかし、意地悪くわたしは考えます。アメリカ人のようにしゃべれても、内容が乏しければ、10歳のアメリカ人のこどもがしゃべっているのと大差ありません。発音やイントネーションがすばらしくても、何を伝えたいのかがはっきりしなければ、人に感銘を与えることはできません。

 最近の生徒は、論理的に考えることが苦手で、小学生のように、「朝7時におきて、パンを食べてあわてて学校に行きました」のような行動の羅列に終わるような文章を書きがちです。これをそのまま英語にした文章をいくら流暢にしゃべっても、そこから得るものはありません。ところが、伝えたい情報があり内容が豊富なら、つたない英語でも人につたわります。大事なことは、なかみです。日本語で、明確な論理展開ができることが英語で表現するための基礎になると思います。その内容を誤解されないように英語で表現できれば十分ではないでしょうか。

 鳥飼久美子は述べています。「意味が通じるなら、それでいいじゃないですか。これが国際共通語としての英語です」「英語は米英人の基準に合わせる必要はない時代に入りました。私がパラダイムシフトというのはそういう意味です」。

 わたしも、言葉は表現のための道具だと思います。私たちの先祖はヨーロッパのすすんだ技術を学ぶために、多大な努力をして外国語を勉強しました。そして、外国語の学習そのものも一人歩きするようになりました。「語学」という言葉がそれをあらわしていると思います。戦後はアメリカ人のように「流暢にしゃべる」ことがひとつのステイタスとなっています。そして、それが「学問」の一種だと思ってしまいます。アメリカ人のようにしゃべることがかっこよくスマートなのです。しかし、「アイワンナ」とか「ゲッラッ」とかいうことではなく、誰が聞いても理解できる「英語」を書き、話すことが実は求められているのではないでしょうか。
関連記事

咲くやこの花芸術祭

2010/10/23 Sat (No.124)

 10月22日から24日まで、大阪中之島の中央公会堂で「咲くやこの花芸術祭」が行われています。大阪の若手芸術家のコンサート、落語やトークが催され、美術作品が展示されています。知り合いのピアニストが出演するというので行ってきました。

 公会堂は1918年に完成したネオ・ルネサンス様式の歴史的建造物として有名です。外観は何度もみたことがあるのですが、入るのは初めてです。シャンデリアやステンドグラスで飾られた中ホールがコンサート会場となっていました。もともとは、集会場として使用されているところなので、床にグランドピアノがおかれ、その前に聴衆用の移動式のいすが並べられています。音響効果は専用コンサートホールより劣るのかも知れません。
 
 音楽に素養がないので、批評することはもとよりできませんが、たいへん力強い演奏で感銘を受けました。ふだんは、ドイツで活躍しておられるのですが、さすが、今までに数多く入賞しているピアニストです。芸術の力は偉大で、大変豊かな気分になることができました。

 コンサートのあと少し時間があったので、公会堂のすぐ隣の東洋陶磁美術館も訪れました。わたしのお目当ては、「油滴天目茶碗」です。これ一つだけのために足を運んでも惜しくありません。今日は大変満ち足りたときを過ごすことができました。
関連記事

教育ローンの借り入れ

2010/10/22 Fri (No.123)

 指定校推薦やAO入試で合格した生徒の入学手続きが11月には始まります。今までお話ししたとおり、80~100万円くらいそのときに納入しなければなりません。学生支援機構の奨学金はそのときには間に合いませんので、今のうちに準備することが必要です。

 準備がない場合は、日本政策金融金庫の「国の教育ローン」が利用できます。保護者がローンを組むのですが、審査が厳しく、たとえば、公共料金が引き落とされていない月がひと月でもあれば、ローンの審査は通りません。ただしローンが組めなかった場合に、学生支援機構の「入学時特別貸与奨学金」を申し込んであれば、その額の範囲内で、近畿労働金庫から、貸し付けを受けることができます。「入学時特別貸与奨学金」そのものは、入学してからの貸し付けとなりますので、入学手続き時には間に合いません。

 「国の教育ローン」は審査に2~3週間かかることがあるので、合格発表までに「国の教育ローン」の申し込みの手続きをしておくことが必要です。万一、合格しなかった場合は、簡単にローンの借り入れを辞退することができます。
関連記事

入学金と初年時納入額

2010/10/21 Thu (No.122)

 昨日、入試難易度にふれた大学の入学金と初年度納入金についても書いてみます。出典は10月19日と同じです。生徒は大学案内等で、費用について知っていると思いますが、なかなか保護者まで伝わっていない現実があります。
学費2

もちろんすべての学部を網羅したものではありません。正確なことは、それぞれの大学の要項をご覧ください。
関連記事

推薦入試と一般入試の学力(その2)

2010/10/20 Wed (No.121)

 関西では、難易度の高い大学からグループ分けして、関関同立、産近甲龍、摂桃追神(摂南大学・桃山学院大学・追手門学院大学・神戸学院大学)などといいます。それ以外にも、京都女子大学、同志社女子大学、武庫川女子大学、大阪経済大学、大阪工業大学、関西外国語大学などがこれらのランクにはいってきます。

 10月14日に推薦入試と一般入試で必要とされる学力についてお話ししましたが、産近甲龍以外の大学についても知りたい方がいると思いますので、あと何校かについてお知らせします。出典は、同じくBenneseの「私立大推薦入試出願指導ガイドブック」です。あわせて、10月14日のブログもご参照ください。
2推薦と一般

関連記事

関西私立8大学の学費

2010/10/19 Tue (No.120)

 関西私立8大学の入学金と初年時納入金の一覧です。(出典 「親と子の進路計画 2010西日本版」受験生援護センター)。

学費一覧

 同一学部内でも学科によって学費の違いがありますが、ここには載せていません。また、入学手続き時に必要な金額は、おおよそ、初年時納入額から50万円を引いた額となります。最終的に入学しなかった場合は、入学金を除いた金額は返還されます。入学金は、いったん納入すると返ってきません。

 学費は、AO入試でも、公募制推薦入試でも、一般入試でも同一です。ただAOや公募制推薦では納入期日が11月から12月となるので注意が必要です。参考のために国公立大学の学費も載せました。国公立大学では、入学時に必要なのは、基本的に入学金だけで、前期授業料(約27万円)は入学後の5月頃に徴収されます。
関連記事

大卒求人の冷えこみ

2010/10/18 Mon (No.119)

 この時期は、AO入試、公務員試験、就職試験といろいろなものが重なるうえに、中間テストの問題作成や採点で忙殺されています。少し暇を見つけて、進路指導室で、問題作成や採点に取りかかっていると、きまって、大学の入試担当者の訪問があります。もうすぐ、公募制推薦が始まるのでそのPRと、指定校推薦の応募状況をを聞きに来られます。一般入試の募集要項も刷り上がっているところが多いので、そのおりに何部かおいて行かれます。

 毎日、何校かの方がお見えになるのですが、どの大学も今年は、就職に苦戦しているようです。今日もある有名私立大学の就職担当の方がお見えになり、所属する学部や入試の宣伝から、就職の話に及びました。今までその大学のその学部は100%の就職率を誇っていたのですが、今年は、まだ60%くらいしか就職が決定していないとのことです。
最後まで頑張るが、100%とはいかないかも知れない、と弱気の発言です。

 一昨年までの景気の上昇にともなって、採用人数を増加させてきた企業が、採用調整にはいっているようです。昨年以上の求人の冷え込みを大学関係者も感じておられます。
関連記事


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示