生徒用Compassの公開

2018/01/15 Mon (No.1632)

 センター試験が終わり、午後から生徒たちは自己採点です。昔と違って現在では、ネットで簡単に解答を検索でき、得点集計も自動的に行ってくれます。高校でそれぞれ集計用紙に得点を転記し、大学コードや学部・学科コードを調べて予備校や受験産業に送ることはおっくうですが、この作業がなければ受験産業において、データの集成ができません。わたしの高校でも2つの受験産業が今日の夕方にデータを回収に来ます。

 ところで、今年もベネッセでは生徒用Compassが公開されますが、事前に名前とメールアドレスの登録が必要になっています。1月17日からデータの利用ができるようです。

センター試験1日目が終了しました

2018/01/13 Sat (No.1631)

 センター試験の1日目が終りました。新潟では、雪の影響で試験開始が1時間繰り下げられたようですが、全体的にはそれほど大きな混乱はなかったようです。

 今日は、文系科目の試験でした。わたしは、今晩は会議があったため、まだ問題を見ていませんが、受験産業の分析では、昨年並みかやや易化したとの情報です。明日新聞に載った問題をわたしも解いてみたいと思います。

明日はセンター試験

2018/01/12 Fri (No.1630)

 本当に長い間、ブログを更新していませんでした。 昨年4月に異動となり、しばらく忙しかったのと、また進路指導部から離れたので、新しい情報が入りにくくなったため、ついつい更新がおっくうになっていたのです。

 前任校は、国公立大学から私立大学、短期大学、専門学校、そしてひと握りの就職生と進学面では、多様性に富んだ高校でした。中堅から中堅上位に位置する高校です。進路指導でいうと、一番楽しく、しかしまた忙しい高校です。生徒たちもそれほど勉強が好きなわけではないにしろ、素直でのびのびとした高校でした。

 現在勤務している高校は、前任校と比べると進学実績ではかなり優秀です。ほぼすべての生徒が大学に進学する進学校です。逆説に聞こえるかもしれませんが、進学校には進路指導はそれほど必要ではありません。生徒たちが自分で調べるからです。あるいは予備校などに通い、そこでの情報を高校の情報より上位に考えているからです。ですから、進路指導部の仕事も、おそらく前任校のほうが忙しかったように思います。

 今の高校では、指定校推薦や公募制推薦入試で合格の決まった少数の生徒を除いて、センター試験をほとんどの生徒が受験します。わたしも、センター試験対策の講習をずっと行ってきました。進路指導より、教科指導のほうが重要になります。それはそれで楽しいのですが、生徒たちに面接練習をしたり、進学先を一緒に調べたりできないのは少し寂しい気がします。

 さて、ともあれ明日は大学入試センター試験です。今年は寒波の影響で各地で積雪が予想されます。受験生の皆さんも雪に注意して、今まで培った学力を十分に発揮してください。わたしも、わたしの教えている高校生たちがセンター試験で良い成績がとれるよう、近くの神社で「神頼み」をしてきました。

給付型奨学金選考基準

2017/06/05 Mon (No.1625)

 6月になって所得証明も各自治体から発行されるようになり、それぞれの高校で日本学生支援機構の予約奨学金の受付が始まっていることと思います。

 今年から始まった給付型奨学金ですが、たいていの高校で推薦可能人数より希望者のほうが多いため、選考が必要となっています。選考基準は、日本学生支援機構の提示する結構あいまいな条件を満たしていれば、その細部について各高校に任されています。とはいえ、高校でも客観的基準を作成することが必要で、志望理由などを書かせたのちは、評定平均や欠席など誰が見ても納得のいく基準を用いることが多いようです。

 わたしの周りの何校かの高校に問い合わせてみても、指定校推薦に準拠して選考しているようです。

学生支援機構の給付型奨学金の選考基準

2017/05/15 Mon (No.1624)

 勤務先の異動があり、長らく更新していませんでした。

 日本学生支援機構により、新しく給付型の予約奨学金が始まります。対象は、来年度、大学、短期大学、専修学校(専門課程)に進学を予定している人で、住民税非課税世帯の人、または、18歳時点で児童養護施設、児童自立支援施設などに入所している人若しくは入所していた人、もしくは18歳時点で里親、ファミリーホーム委託者のもとで養育されている人です。2浪まで申し込めます。

 給付額は国公立の自宅通学者で月額2万円、自宅外通学者で月額3万円、私立の自宅通学者で月額3万円、自宅外通学者で月額4万円となっています。

 各高校に対して割り当て人数があり、全国で2万人程度とのことだったので、それほど期待はしていなかったのですが、大阪の進学校で5名から10名程度、中堅校で15名程度の割り当てがあるようです。この割り当て人数は、過去に奨学金を貸与されたもののうち、非課税相当とされる人数から勘案しているようです。

 1名から3名程度の割り当てを予想していた高校がほとんどなので、選考基準の作成に追われています。選考基準の例として学生支援機構は、A:選考対象の中から学力・資質の状況と家計の状況を総合的に勘案して選考するもの、B:選考対象の中から学力・資質の状況を重視して選考するもの、C:選考対象の中から家計の状況を重視して選考するものをあげていますが、具体的基準は各高校に任されています。

 いずれにせよ、選考された者が納得できる客観的基準が必要なので、その基準の作成に各高校とも苦慮しているのが現状です。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示