学校はいつ再開するのか

2020/03/29 Sun (No.1701)

 大阪の高校では、4月8日の午前中に始業式があり、午後からは入学式が行われます。今のところ延期の予定はありませんが、教育庁からは、4月3日までに学校再開についての通知があることになっています。

 しかしここ数日、東京を中心にコロナウイルスの感染者が増加してます。今日も68人の感染が報告されています。オーバーシュートが大阪で起こらないとも限りません。そうなれば、学校の再開は延期になってしまうことでしょう。

 在校生の皆さんも新入生の皆さんもやきもきしていることと思いますが、新学期の宿題をきっちりとやり、再開されたときに遅れの出ないようにしてください。新学期が始まってすぐスタディサポートがあります。

先生の二極分化

2020/03/27 Fri (No.1700)

 職員室を掃除して、それぞれ新学年の席に移動しました。わたしの教科では異動して転出される先生が一人、そしてその代わりに転入される先生が一人です。最近は新任の若い先生が増えてきているのですが、転入される先生は50代後半のベテランの先生です。

 どこの高校でも、中間層の先生がいなくなりました。わたしの教科では、50代後半以降の先生が4名、そして20台前半の先生が3名と全く二極分化しています。わたしたちは、若い先生の両親よりも上の世代となります。

 さいわい、わたしの勤めている高校は進学校なので、教科についての知識量の多いベテランの先生も、若い先生からそれなりのリスペクトはあるのですが、大学に進学する生徒の少ない高校だと生徒と年齢の近い若い先生のほうが生徒受けがよく、自分たちのほうががベテランの先生より優れていると思いがちになります。

 多くの高校で教員の年齢の二極分化が起こり、それが指導方針や学級運営方針についての違いとなって、世代間の対立となっています。
 

生徒の姿のない春休み

2020/03/23 Mon (No.1699)

 3連休が終わり、学校に行っても生徒の姿はありません。春らしい陽気の中で、いつもの年なら中庭やグラウンドから聞こえてくるクラブ活動に励む生徒の声は聞こえません。3連休の前には、教育庁から今日からクラブ活動を再開できるという通知があり、顧問の先生も生徒たちも楽しみにしていました。それが一転して再開延期の通達です。

 職員室には先生の姿はありますが、生徒のいない学校は主人公を欠いた空っぽの建物のようです。3月16日に異動の内示があり、転勤される先生は荷物をまとめています。新しく来られる先生も決まっていますが、4月になってからの引っ越しとなります。

 本来ならば気分もウキウキとする春ですが、今年はコロナウイルスの影響でどんよりとした湿った春です。

 

高校を卒業するための条件

2020/03/17 Tue (No.1696)

 高校を卒業するためには、次の3つの条件が必要となります。①高校に3年間以上在籍すること、②必履修科目を履修していること、③74単位以上修得すること。

 昨日述べた二つ目の選択、高校二年で留年して通信制高校に転入した場合、あと1年通信制高校で学べば3年以上在籍することとなり、3年間で卒業できます。

 通信制高校で年間に修得できる単位数は30~35単位のところが多いので、その場合、高校1年と2年をあわせて40単位修得していれば、通信制高校で34単位修得すれば卒業できます。ただし1年間で修得できる単位数はそれぞれの通信制高校によって異なります。

 通信制高校でも出席は必要です。これをスクーリングと言います。しかし、全日制高校のように要出席日数の三分の二以上出席する必要はありません。週1回程度の通学ですむ場合もありますし、年間4日程度の集中スクーリングに出席するだけで要件を満たす場合もあります。不登校の生徒にとっては、気が楽だと思います。

留年と言われたらどうしたらいいのか

2020/03/16 Mon (No.1695)

 高校で留年を言い渡される生徒は各学年でどれくらいいるのでしょうか。大阪府の公立高校では、進学校で0人から2人、中堅校で4人から6人くらいのものです。

 もしあなたが原級留置を言い渡されたとき、どうしたらいいのでしょうか。選択肢は3つあります。一つ目はその高校に残ってもう一度同じ学年をやり直します。二つ目は別の高校に転学します。もう一つは退学です。

 一つ目の選択は成績が不振で留年したけれども、もともとクラスの中で自分の居場所があった生徒にとっては楽な方法かもしれません。一つ下の学年の生徒と一緒に勉強することになりますが、新しいクラスにもすぐになじみます。こうして卒業していった生徒をたくさん知っています。この場合卒業は一年遅れます。

 二つ目は通信制・単位制の高校への転入です。この場合は例えば高校二年で留年としたとしても、あと一年間で卒業に必要な単位を修得すれば、みんなと同じ時期に卒業できます。もとの高校で修得した単位は無駄になることなく、転入した高校で修得する単位と合算されます。近年はこの転入学を選択する生徒が増えています。

 三つ目の退学はお勧めしません。中学卒業の学歴しか残らないからです。将来の就職が非常に困難になります。

 では、高校を卒業するためにはどのような条件が必要なのでしょう。また何単位必要なのでしょう。

進級に必要な修得単位数

2020/03/15 Sun (No.1694)

 進級するためには規定の出席時数だけではなく、規定の学習成績を修めることも必要です。学年制をとる高校では、1年間に修得しなければならない単位数が各高校の教務内規で決まっており、規定の単位数を修得しないと次の学年に進級できず原級留置(留年)となります。

 高校によって進級に必要な単位数は異なりますが、大体3科目から4科目、単位数で10単位から12単位程度を落とすと留年となります。この場合、修得できた科目も含めて、もう一度同じ学年ですべての授業を受ける必要があります。

 修得できなかった単位数が上記の範囲内であれば、仮進級となり次の学年に進級することができます。この場合は進級した学年で追考査を受けることができ、これに合格すれば落とした単位の修得は追認定されます。だいたい夏休みに補講と追考査が行われます。

高校で進級するための前提条件

2020/03/14 Sat (No.1693)

 学年制の高校で進級するためには、①その年度の欠席が出席を要する日数の三分の一を越えないこと、②その年度の必履修科目をすべて履修していること、この2つが前提条件です。

 出席を要する日数とは授業日数から出席停止や忌引きの日数を引いたもので、出席停止や忌引きがなければ、1.2年ではだいたい188日程度、3年で175日程度となります。

 必履修科目とは学習指導要領によって定められており、例えば、国語科では国語総合、保健体育科では、保健も体育も必履修科目です。科目の履修に関して、1単位につき11.7時間を超える欠課時数があると履修が認められません。逆にいえば1単位科目で11時間、2単位科目で23時間以内の欠時数であれば、履修が認めらけれます。

 以上の2つが進級の前提条件ですが、これ以外に修得単位数に関しても規定があります。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示