AO入試と推薦入試

2013/06/30 Sun (No.1128)

 専門学校のAO入試のエントリーは6月1日に始まり、もうすでに何人かの生徒のエントリーを受け付けた旨の書類が高校に届いています。

 大学のAO入試のエントリーは8月1日からとなっています。大学のAO入試や推薦入試の利用に関して、ベネッセがアンケート調査したものがあります。(出典 『高校データブック2013』Benesse 教育研究開発センター)

 高校1年から3年までの生徒に対して、「あなたは、大学入試に際して、推薦入試やAO入試を利用しますか。利用について、現在のあなたの考えにもっとも近いものをお選びください。」という質問に対して、「推薦入試やAO入試の利用をすでに決めている」と答えたものが15.5%、「推薦入試やAO入試の利用にとても関心がある」と答えたものが13.4%、「推薦入試やAO入試の利用になんとなく関心がある」と答えたものが13.1%となっています。これに対して「推薦入試やAO入試を利用するつもりはない」ものが24.4%、「わからない・考えたことがない」ものが15.5%、「どちらともいえない」が17.1%となっています。

 以上のことからわかるように「推薦入試やAO入試の利用」を決めたり、関心があるものは4割を上まわっています。現場の教師はできるだけ一般入試まで粘ってほしいと思っているのですが、そうはいかない現状が見えてきます。

国公立大学と私立大学のAO・推薦入試

2013/03/26 Tue (No.1030)

 国公立大学のAO入試は縮小傾向にあり、2013年度入試では、筑波大学、九州大学、兵庫県立大学、山口県立大学の一部および全部の学部でAO入試が行なわれませんでした。2014年度入試でも群馬大学、奈良女子大学、東京海洋大学、金沢大学、鳥取大学、広島大学、愛媛大学、大阪府立大学の学部においてセンター試験を課さないタイプのAO入試を廃止するところがあります。

 高校生の学力低下が著しくセンター試験によって学力を担保しないと、進学後授業についていけない学生が増えてきたためだと思われます。同じような理由からでしょう、公募制推薦入試においても、センター試験を課す国公立大学が増えてくる見込みです。

 その一方で早く受験生を集めたい人気のない私立大学では、ますますAO入試や公募制推薦入試の比重が高まっています。

面接練習

2012/10/04 Thu (No.853)

 今週末にAO入試や指定校推薦入試の面接がある大学も多く、わたしはここのところ面接練習に追われています。面接練習シートを書き上げてきたものが、まず担任の先生と面接練習を行い、最後にわたしのところに来ることになっています。というわけで、週の後半は、放課後から7時前まで、アポイントでいっぱいです。

 実際のところ、指定校推薦入試で不合格になることはないので、面接練習はそれほど必要ないと思うのですが、まじめな生徒ほど面接練習の依頼に来ます。無下にも断れないので指定校推薦受験者にもポイントをしぼって面接練習をしています。

 本当に面接練習が必要なのは、有名大学のAO入試と看護系を受験する生徒たちです。わたしは、これらの生徒たちには結構厳しく突っ込んで質問しています。大学案内に書かれていることだけを述べたところで仕方がありません。自分にとってその大学の魅力は何なのか、そこで具体的に何をしたいのかが、面接者に伝わってこなければなりません。そして自分が学ぼうとする学域についての知識も必要です。ロボットと面接しているのではありません。かけがえのない「あなた」のエピソードを求めているのです。

地域ごとのAO入試スタイル

2012/08/11 Sat (No.798)

 栄美通信によってAO入試の選考形式の地域ごとのまとめが、おこなわれています。(出典 AO・推薦入試エクストラVOL 33)

AOr.png

 AO入試の選考形式として最も多いのは、出願書類と面接の評価によって合否を判定するもので、どの地域においても、最多となっています。

 1次選考で書類審査を行い、その後に2時選考として面接・小論文・ディスカッションなどを課すのは、上位私立大学に多いパターンです。関西では、関関同立がこの選考形式に入ります。

AO入試の面接練習

2012/07/27 Fri (No.784)

 吹奏楽部の部員達が合宿に出かけたので、いつもだと聞こえてくるトランペットやサックスの音が聞こえないので少し寂しい気もします。それでも夏期講習や文化祭に向けて多くの生徒が登校しています。

 AO入試で面接があるというので、今日は朝から数人の生徒と面接練習をしました。ひとそれぞれ性格が異なるので、朗々としゃべれる生徒、訥々としかしゃべれない生徒などさまざまです。しかし、高い学力が必要な大学のAO入試でなければ、大事なことは自分の熱意と真面目な態度が相手に伝わればいいのです。流暢に話せた方がいいけれども、高校時代打ち込んだことがあれば、そして本当にその大学で学びたいことがあれば、つたない会話のなかにも本人の気持ちが表れます。

 受験する段階ではまだ高校生なので、入学してからどのように育っていくかが、大学にとっても重要です。今日、面接練習した生徒達のなかでは、何度もオープンキャンパスに参加し、大学の先生にも質問したことがあるという生徒が、荒削りではありましたが、光っていました。

大学志望理由書

2012/07/20 Fri (No.776)

 今日が1学期の最終日です。夏休み中の8月1日からはAO入試の出願が解禁となります。そのためAO入試について質問に来る生徒が何人かいました。また国公立大学の推薦入試に出願する生徒達とも話し合う機会をもちました。

 AO入試や推薦入試では、自分がその大学を志望する理由を、自分のことばで具体的に表現できなければなりません。そしてとりわけその大学のその学部で学びたいという熱意を客観的に示さなければなりません。

 志望理由書を仕上げるために、オープンキャンパスに参加するのはもちろんのこと、どんな学風でどんな勉強ができるのか、事前に調べられるだけのことは調べるようにとの話をしました。志望理由書は学識を重んじる恋人に宛てたラブレターです。誤字・脱字をしないのはもちろんのこと、論理的にも整合性が求められます。その上で自分の熱い思いを伝えられなければなりません。

AO入試を実施する国公立大学

2012/07/05 Thu (No.761)

AO入試を実施する国公立大学の一覧です。青の網かけは公立大学です。(「ベネッセハイスクールオンライン」より作成)。

国公立AO

 関東の大学で実施するところは多いですが、関西ではあまり一般的に実施されていません。大学名だけしか載せていませんので、実施学部・学科は自分で入試要項などで調べてみてください。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示