Compassとバンザイシステム

2020/01/15 Wed (No.1670)

 わたしは前任校では、ベネッセのCompassを使ってセンター試験後の受験指導を行っていたことは、前回お話ししました。しかし、現任校では、バンザイシステムを使って受験指導を行っています。Compassとバンザイシステムとどちらか正確で、優れているのでしょうか。

 5年以上前の受験生であれば、Compassのほうが使い勝手が良かったと思います。わたしが、進路部長であった頃に両者を比較して、Compassを選んだのもそういった理由からであり、また生徒用Compassも存在したので、生徒自身で志望校を心ゆくまで検討ができたからです。

 しかし、今年、バンザイシステムにあたってみると、できることはほとんどCompassと変わりません。この両者のどちらを使用するかは、好みの問題であるかもしれません。小さな差異について述べると、Compassでは志望学科をより細かく設定でき、バンザイシステムでは、取得できる資格ででも検索できるというところです。

 もちろんどちらも、二次試験用の記述模試の結果とセンター試験の結果をドッキングさせて判定することが可能です。ですから、自分がどちらの記述模試を受験したか、あるいは、所属高校でどの模試を受験することになっているかに従って、両者を選べばいいのだと思います。わたしの現任校では、全統記述模試を受験しているので、おのずから、バンザイシステムに傾くことになっています。

 ただできるなら、両者を使って受験校を検討してみると、より詳しく正確に自分の位置を確かめることができます。AからEまでの判定基準だけに目を奪われがちですが、その判定基準ではなく、二次試験でどのような対策をすればよいのか、逆転可能性はどの程度あるのかなどを調べるとよいと思います。

 申し添えておきますと、Compassとバンザイシステムとでは、合格可能性の判定基準が異なります。 合格可能性についてCompasではA判定80%以上、B判定60%~80%、C判定40%~60%、D判定20%~40%、E判定20%未満となっています。バンザイシステムでは、それが、A判定80%以上、B判定65%~80%、C判定50%~65%、D判定35%~50%、E判定35%未満となっています。このことにも十分留意しておいてください。

生徒用センター試験Cpmpassはありません

2020/01/10 Fri (No.1669)

 いよいよ来週末は大学入試センター試験です。改革前の最後の試験となります。わたしも、定年は過ぎていますが、講師として3年生を教えています。ほとんどの生徒が、センター試験を受験するので、わたしもセンター試験の動向は気にかかります。

 前任校で、進路の仕事に携わっていたときは、センター試験関係の資料はほとんどベネッセのものを使っていました。そして、センター試験受験後は、生徒たちに生徒用Compassを使用して、受験校を検索するように勧めていました。2018年までのセンター試験では、生徒用Compassが公表されていたのですが、最近は、生徒用Compassが公表されません。

 2020年の入試でも、センター試験用のCompassのアナウンスがありませんでした。ベネッセにも問い合わせたのですが、Compassの公表はないようです。ただ、教師用のCompassはあります。したがって、もし、Compassでの検索を希望する生徒は、進路指導室か担任の先生にお願いして、検索してもらうといいと思います。

2019センター試験予想平均点

2019/01/23 Wed (No.1651)

 各予備校から、センター試験の予想平均点が発表されています。河合塾、ベネッセ、東進ともほぼ同じ値となっていますので、これが実際の平均点と近いと思っています。

2019.jpg

 5教科7科目900点満点では、文系570点、理系575点くらいが平均点です。

センター試験の問題の検討

2019/01/21 Mon (No.1650)

 今日は、午後から3年生はセンター試験の自己採点です。わたしは、1年生の現代社会の授業があったので、早速今年のセンター試験の問題をpdfにして、プロジェクターで投影し、生徒たちと検討していきました。

 今まで習った範囲からどんな問題が出題されるのか、実際の問題を見せ、生徒たちと考えていきます。何番の選択肢が正しいと思うかクイズ形式にして手を上げさせると、多くの生徒が興味をもってこたえてくれます。正解する生徒が多くいました。センター試験の問題はそれほど難しくないのです。最高裁での違憲判決についての問題でも、選択肢のどの部分が間違っているのか答えてくれます。刑事訴訟手続きに関する問題もほぼみんな分かっています。

 大手予備校の現代社会の平均点予想は57点くらいです。しかし、既習の問題なら 80点くらいは取れそうな感じです。80点取れれば、関西のほとんどの国公立大学は合格するよ、とおだててやると嬉しそうです。このモチベーションを3年まで持続させることができるとセンター試験はちっとも怖くありません。生徒たちを頼もしく思えた1時間でした。

センター試験が終わりました

2019/01/20 Sun (No.1649)

 センター試験が終わりました。まずは、お疲れさまでした。わたしも昨年の春からセンター試験講習を3年生に対して行っていたのですが、今日、問題を見て、いくつか的中していた問題があったので、一安心です。

 やがて、各予備校から平均点の予想などが発表されると思います。また、あすは学校で自己採点をして、その結果を受験産業に送るという仕事があります。今週の後半には、自己採点に基づいた合格可能性がわかるはずです。

 思うように実力が発揮できなかった場合でも、丹念に受験校を拾っていくと、私立大学も含めて合格可能性が高いところが見つかります。入試もあと少し、4月に志望校の校門をくぐっている自分を想像して、がんばってください。


自己採点を正確に

2019/01/18 Fri (No.1648)

 いよいよ明日から、大学入試センター試験が始まります。今年は、昨年よりも日程が遅く、気候も暖かいので受験生にとっては少しホッとするところですが、インフルエンザが猛威を振るっていますので、体調には十分気をつけて試験に臨んでください。

 志望校を決めるうえで一番重視されるのは、センター試験の得点ですが、そのためには自己採点が正確でなければなりません。かつてベネッセの900点満点の模擬試験で、自己採点と実際の得点とを比較したところ、それが一致していたのは、たった15%に過ぎず、25%の人はその差が10点を超えていたといいます。

 実際に、ずいぶん以前、わたしの次男がセンター試験を受験した際に、5月に送られてくる実際の得点と比べて自己採点の得点を8点も高く計算していました。8点も離れておれば、合格可能性の判定も実際とは違っていたかもしれません。さいわいなことに 、何とか出願校に合格しましたが、受験する際にはこのような事態は避けなければなりません。

 慌てて解答を訂正することもあると思います。そのよう時にも、問題用紙の解答も忘れずに訂正しておいてください。受験生の皆さんのセンター試験での健闘をお祈りします。

 
   

生徒用Compassの公開

2018/01/15 Mon (No.1632)

 センター試験が終わり、午後から生徒たちは自己採点です。昔と違って現在では、ネットで簡単に解答を検索でき、得点集計も自動的に行ってくれます。高校でそれぞれ集計用紙に得点を転記し、大学コードや学部・学科コードを調べて予備校や受験産業に送ることはおっくうですが、この作業がなければ受験産業において、データの集成ができません。わたしの高校でも2つの受験産業が今日の夕方にデータを回収に来ます。

 ところで、今年もベネッセでは生徒用Compassが公開されますが、事前に名前とメールアドレスの登録が必要になっています。1月17日からデータの利用ができるようです。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示