生徒用Compassの公開

2018/01/15 Mon (No.1632)

 センター試験が終わり、午後から生徒たちは自己採点です。昔と違って現在では、ネットで簡単に解答を検索でき、得点集計も自動的に行ってくれます。高校でそれぞれ集計用紙に得点を転記し、大学コードや学部・学科コードを調べて予備校や受験産業に送ることはおっくうですが、この作業がなければ受験産業において、データの集成ができません。わたしの高校でも2つの受験産業が今日の夕方にデータを回収に来ます。

 ところで、今年もベネッセでは生徒用Compassが公開されますが、事前に名前とメールアドレスの登録が必要になっています。1月17日からデータの利用ができるようです。

センター試験1日目が終了しました

2018/01/13 Sat (No.1631)

 センター試験の1日目が終りました。新潟では、雪の影響で試験開始が1時間繰り下げられたようですが、全体的にはそれほど大きな混乱はなかったようです。

 今日は、文系科目の試験でした。わたしは、今晩は会議があったため、まだ問題を見ていませんが、受験産業の分析では、昨年並みかやや易化したとの情報です。明日新聞に載った問題をわたしも解いてみたいと思います。

明日はセンター試験

2018/01/12 Fri (No.1630)

 本当に長い間、ブログを更新していませんでした。 昨年4月に異動となり、しばらく忙しかったのと、また進路指導部から離れたので、新しい情報が入りにくくなったため、ついつい更新がおっくうになっていたのです。

 前任校は、国公立大学から私立大学、短期大学、専門学校、そしてひと握りの就職生と進学面では、多様性に富んだ高校でした。中堅から中堅上位に位置する高校です。進路指導でいうと、一番楽しく、しかしまた忙しい高校です。生徒たちもそれほど勉強が好きなわけではないにしろ、素直でのびのびとした高校でした。

 現在勤務している高校は、前任校と比べると進学実績ではかなり優秀です。ほぼすべての生徒が大学に進学する進学校です。逆説に聞こえるかもしれませんが、進学校には進路指導はそれほど必要ではありません。生徒たちが自分で調べるからです。あるいは予備校などに通い、そこでの情報を高校の情報より上位に考えているからです。ですから、進路指導部の仕事も、おそらく前任校のほうが忙しかったように思います。

 今の高校では、指定校推薦や公募制推薦入試で合格の決まった少数の生徒を除いて、センター試験をほとんどの生徒が受験します。わたしも、センター試験対策の講習をずっと行ってきました。進路指導より、教科指導のほうが重要になります。それはそれで楽しいのですが、生徒たちに面接練習をしたり、進学先を一緒に調べたりできないのは少し寂しい気がします。

 さて、ともあれ明日は大学入試センター試験です。今年は寒波の影響で各地で積雪が予想されます。受験生の皆さんも雪に注意して、今まで培った学力を十分に発揮してください。わたしも、わたしの教えている高校生たちがセンター試験で良い成績がとれるよう、近くの神社で「神頼み」をしてきました。

いよいよ公立高校入試

2017/02/10 Fri (No.1594)

 今日は、大阪府の私立高校の入試日です。専願者は2割強で、受験生の7割以上が公立高校を第一志望としています。今年の大阪府立高校一般選抜の出願は3月2日から3月6日で、学力検査は3月9日です。昨年から、前期入試がなくなり、後期入試である一般選抜に一本化されました。

 府立高校普通科で定員80名を上限に前期入試を行ったのは2013年から2015年までの3年間。この間、人気の高い普通科高校は、前期入試に振り回されました。前期入試の入試日以降合格発表まで在校生は登校禁止です。私立大学に不合格だった生徒の受験指導ができません。それよりも、高校によっては400人を超える受験者が殺到し、神経をすり減らす採点業務に没頭しなければなりません。ただでさえ非常に忙しい学年末の平常業務に支障が出るのは必然でした。

 とはいえ、大阪府では特別選抜として、専門学科などの入試をかつての前期入試の時期に実施しています。今日私立高校を受験した皆さんは、たいてい一般選抜希望だと思います。入試まであと1か月、まだまだ実力は伸びます。焦らず、慌てず普段通り努力してください。

文系上位層の増加

2017/01/21 Sat (No.1579)

 昨日は、生徒たちと一緒にコンピュータ教室で、ベネッセのデータネットに基づく「Compass」を使用して、合格可能性を探っていました。探せばたくさんの大学がヒットします。生徒の個別試験での実力や生徒のメンタリティなども考慮しながら、受験大学を考えていきます。

 データネットには、462247件のデータが集まっています。文系、理系それぞれ900点満点で集計した度数分布グラフを見てみると、今年は文系の上位層が昨年より増加しています。下のグラフをご覧ください。(出典 『2017年データネット』 ベネッセ)

対比グラフ

 文系のちょうど8割くらいの得点率のところを中心に75%から90%くらいまでの層が昨年より増えているのがわかります。近畿圏でいえば、神戸大学から大阪大学のチャレンジ層での増加です。今年は、大阪大学の後期日程が募集停止となりますので、その受け皿となる大学での激戦が予想されます。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示