給付型奨学金選考基準

2017/06/05 Mon (No.1625)

 6月になって所得証明も各自治体から発行されるようになり、それぞれの高校で日本学生支援機構の予約奨学金の受付が始まっていることと思います。

 今年から始まった給付型奨学金ですが、たいていの高校で推薦可能人数より希望者のほうが多いため、選考が必要となっています。選考基準は、日本学生支援機構の提示する結構あいまいな条件を満たしていれば、その細部について各高校に任されています。とはいえ、高校でも客観的基準を作成することが必要で、志望理由などを書かせたのちは、評定平均や欠席など誰が見ても納得のいく基準を用いることが多いようです。

 わたしの周りの何校かの高校に問い合わせてみても、指定校推薦に準拠して選考しているようです。
関連記事

学生支援機構の給付型奨学金の選考基準

2017/05/15 Mon (No.1624)

 勤務先の異動があり、長らく更新していませんでした。

 日本学生支援機構により、新しく給付型の予約奨学金が始まります。対象は、来年度、大学、短期大学、専修学校(専門課程)に進学を予定している人で、住民税非課税世帯の人、または、18歳時点で児童養護施設、児童自立支援施設などに入所している人若しくは入所していた人、もしくは18歳時点で里親、ファミリーホーム委託者のもとで養育されている人です。2浪まで申し込めます。

 給付額は国公立の自宅通学者で月額2万円、自宅外通学者で月額3万円、私立の自宅通学者で月額3万円、自宅外通学者で月額4万円となっています。

 各高校に対して割り当て人数があり、全国で2万人程度とのことだったので、それほど期待はしていなかったのですが、大阪の進学校で5名から10名程度、中堅校で15名程度の割り当てがあるようです。この割り当て人数は、過去に奨学金を貸与されたもののうち、非課税相当とされる人数から勘案しているようです。

 1名から3名程度の割り当てを予想していた高校がほとんどなので、選考基準の作成に追われています。選考基準の例として学生支援機構は、A:選考対象の中から学力・資質の状況と家計の状況を総合的に勘案して選考するもの、B:選考対象の中から学力・資質の状況を重視して選考するもの、C:選考対象の中から家計の状況を重視して選考するものをあげていますが、具体的基準は各高校に任されています。

 いずれにせよ、選考された者が納得できる客観的基準が必要なので、その基準の作成に各高校とも苦慮しているのが現状です。
関連記事

いよいよ高校生

2017/03/21 Tue (No.1623)

 3連休のあと、今日も合格者登校です。17日に選択した芸術に基づいてクラス分けがされています。合格発表の後配布された高校に提出するべき書類も回収となります。生徒たちには、まだ緊張の面持ちが見られますが、金曜日よりはリラックスしています。

 春休みの宿題も配布されました。最初でつまづくと劣等感を背負うことにもなりますので、出された宿題は期日までに仕上げておいてください。制服の採寸もありました。いよいよ高校生です。みなさんはどんな高校生活を送りたいですか。
関連記事

合格発表

2017/03/17 Fri (No.1622)

 今日は合格発表です。9時過ぎから来ている生徒もいます。10時ちょうどに合格者の受験番号を掲示します。倍率がそこそこ高かったので、多くの受験生が集まっていますが、今年の受験生はいつもよりおとなしいです。発表の時も歓声が上がる率が低かったように思います。

 そして、午後からは合格者登校。これは保護者同伴です。教務や進路や生徒指導、保健など高校に入学してからの生活についての説明が長々と続きます。説明の途中で、芸術選択があります。選択した芸術に基づいてクラスわけが行われます。

 説明が終わると、最後に物品購入があります。それが終わって初めて下校することができます。10時から午後5時頃までの長い1日が終わります。
関連記事

いよいよ合格発表です

2017/03/16 Thu (No.1621)

 今日、合格判定会議が終わり、いよいよ明日は大阪府立高校一般選抜入試の合格発表です。全体での競争率は1.17倍なので、ほとんどの受験生は合格するのですが、高い倍率の高校がある一方で、全日制普通科の13校が定員割れとなっています。

 そのうちの7校は昨年度も定員に達しませんでした。また昨年定員割れであった西淀川高校は募集停止となり、布施北高校はエンパワメントスクールとなっています。大阪府全域が通学区となったため、交通の便の悪い高校は不利になりました。

 
 
関連記事


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示